mixiアプリ/mixiアプリとは?

Top > mixiアプリ > mixiアプリとは?

mixiアプリとは、ソーシャルアプリケーションプロバイダーがmixiPlatformを通じて、mixiユーザーに提供するアプリケーションです。

mixiPlatformとは、mixiが自社サイトのオープン化にむけて、提供する機能でmixi Connect/ mixi OpenID/ mixiアプリがそれに含まれます。

mixiPlatformについて(簡単に説明します。)

■mixi Connect:mixiの外のWebサービスやデバイス等と連携できる仕組み
対象は、一部法人のみ
mixi Connectを使って、アイファイジャパンが「Eye-Fi Share」デジタルカメラで撮影した画像を自動でアップロードするサービスを開始(2009年4月)しています。

■mixi OpenID:“mixi”のユーザー情報(ID・PW)を外部サイトの認証に利用できる仕組み
mixi OpenIDに対応するウェブサービスは、マイミクシィ認証を利用することで、mixiの特定ユーザーの友人だけに閲覧や更新を許可するアクセス制御を実行できる。また、コミュニティ認証を使うと、mixiの特定コミュニティに参加しているユーザーだけにアクセスを制御できる。

mixiアプリ:mixiの中にサービス・アプリケーションを開発し、提供できる仕組み
ソーシャルアプリケーション プロバイダーが開発するアプリケーションはmixiの1サービス(1機能)としてユーザに提供される。
mixiアプリは、ソーシャルアプリケーションのための共通仕様 OpenSocial? version 0.8を採用しています。

 
 

mixiアプリの仕組みについて

mixi_sns_shikumi.png
 
 
 

開発~公開の流れは下記の通りです。

①.ガジェットXMLの準備
開発者はまず、Gadget XMLを準備する必要があります。
Gadget XMLは、アプリケーションの存在を示す定義。GadgetXMLの中に、htmlのコード及びjavascriptのコードを書くことSNS上でアプリとして動作させることができます。
XMLと聞くと難しそう・・覚えるのが大変・・などと、思いがちですが、お約束の定義以外は、ほぼhtml及び、javascriptになります。

 

②生成したGadget XMLは、外部に公開されているWWWサーバ上に配置します。
mixiのOpenSocial?コンテナが、公開されているGadget XMLを取りにきて処理してくれます。

 

mixiアプリとして、Gadget XMLの所在を設定
Gadget XMLを、処理してもらうためにXMLの場所(URL)を設定します。

 

④ユーザに公開
自分の作ったアプリケーションが、mixi上の1サービス(1機能)として公開されます。

 

最終更新日: 2009-11-27 (金) 19:32:17 (2885d)

添付ファイル: filemixi_sns_shikumi.png 983件 [詳細]

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

TOP