Flash/Flex の変更点

Top > Flash > Flex


&color(white){アクセス総数:&counter(total);};

----
#contents
----
*''Flexとは''

正式名称は''『Adobe Flex』''といいます。
RIA((リッチインターネットアプリケーション。ウェブブラウザなどのクライアントの機能を活かした、柔軟なインターフェースをもつウェブアプリケーションのこと。))の統合開発環境と、SDK((ソフトウェア開発キット。))です。
 
デザインには''MXML(「Macromedia Flex Markup Language」Macromedia Flexのプレゼンテーションを記述するためのXML言語)'' とよばれる、
Flexのプレゼンテーションを記述するためのXML言語を利用し、
プログラムには[[ActionScript>Flash/Action Script]]を利用して、Flash Player上で実行するswfファイルを生成します。 
今年2009年5月31日にFlex4がBeta版としてが正式リリースされていて、Flex3からはAIR上でも実行が可能になりました。

----
----
**Flexでできること
''デスクトップアプリケーション''

「.air」という、若干みなれない拡張子のファイルに圧縮された物体をインストールし使うようになります。
そのときにランタイムが入ってないとランタイムのインストールを要求されます。
デスクトップに~.exeファイルが作成されて、デスクトップからアプリケーションが実行できるようになります。

例として、アスクルデスクトップアプリケーションなどがあります。

''ウィジェット・ガジェット''

デスクトップから実行できるようなアプリケーション以外にも、ガジェットやウィジェットが作成できたりします。
大手の代表的なサイトとしてはGoogle デスクトップ ガジェットや、Yahoo ウィジェットなどがあります。

''「ウィ」と「ガ」の違い''

言葉はどちらも耳にした事はあるかと思いますが、この二つに違いはあるのかしらと思い、調査してみました。

| |ウィジェット|ガジェット|h
|表記|「widget」|「gadget」|
|単語の意味(辞書・三省堂より)|「部品[装置]」「製品」| 「(機械の)付属品 」「ちょっとした仕掛け 工夫」|
|単語の意味(辞書・三省堂より)|「部品[装置]」&br;「製品」| 「(機械の)付属品 」&br;「ちょっとした仕掛け 工夫」|

ウィジェットもガジェットも、どちらも共通して言えることは、

-「ちょっとしたもの」的なニュアンスがある
-小物的なアプリケーションを指すのに使われている

と、いうことです。 呼び名は違いますが、基本的な機能は同じみたいですね。

----
----
**どうやって作るの?
[[FlexBuilder>Flash/Flex/FlexBuilder]]を使用して作成することができます。FlexBuilderについては[[FlexBuilder>Flash/Flex/FlexBuilder]]のページをご覧ください。
またFlexBuilderいがいに&aname(AIR_GEAR){AIR GEAR};や、&aname(Aptana_Studio){Aptana Studio};などで作成することができます。

&aname(AIR_GEAR){''AIR_GEAR''};
Adobe AIRでの開発を支援するオープンソースのEclipseプラグイン。
以下のような機能を提供しています。

-AIRプロジェクトを作成するためのウィザード
-FlexアプリケーションのためのWYSIWYG(ウィジウィグ)フォームデザイナ
-MXMLファイルのインクリメンタルビルダ
-ActionScriptを編集するためのビュー
-AIRアプリケーションのランチャー

&aname(Aptana_Studio){''Aptana Studio''};
Ajaxアプリケーション向けの統合開発環境。
Web 2.0(Ajax)開発ツールの本命とも言われています。
AIR開発にも対応しており、プラグインを導入することで、
AIRアプリケーションの実行、配布パッケージの作成などを行うことがでます。
以下のような機能を提供しています。

-HTML/CSS/JavaScriptを利用して、AIRの開発が可能
-AIRアプリケーションの実行、配布パッケージの作成が可能
-AIRアプリケーションの雛型も作成してくれる

Eclipseのプラグインもあり、AIR プラグインを導入することによりAIRに対応します。
しかし、Aptanaは、HTML/JavaScript/CSSの開発を支援するものなので、
FlashをベースのAIRは開発できません。

TOP