SalesForce.com/ApexCode/Apexの規約・制約

Top > SalesForce.com > ApexCode > Apexの規約・制約

アクセス総数:6459



Apexにもルールがある

ApexはForce.com上で動作させることのできる、自由度の高い開発環境・言語である。
しかし、Salesforceがマルチテナントであることや、重要なデータを扱うことを想定していることに起因して
様々な規約・制限が定義されている。

その定義の多くは、開発したソースが

  • 開発者の意図通りの動きをしていること
  • Salesforceサーバに対し、膨大な負荷を掛けることがないこと

を担保するものである。

Salesforce.com社がApex開発者に課しているこのルールを簡単に紹介していく。

テストコード必須!

ApexCodeでクラスやトリガを作成する場合、
本番環境にデプロイする前にテストコードの記述が必須となる。

テストコードの書き方

カバレッジ率

ガバナ制約

ApexCodeのクラスやトリガからデータにアクセスする際、
ひとつの処理内で、SOQLの発行回数や、取得レコード数、データ量に制限がある。
その制約をガバナ制約という。

制約の詳細

デバック

デバック情報をブラブラウザに出力する。
Apexコードで即実行できる。

システムログ

  • [設定]の右隣の[システムログ]を選択

ログウィンドウが表示される。

 System.debug('printout');

上記入力後、[ExecuteApex?>>]クリックすると

printout

と文字列として出力される。

ブレークポイントなどの機能はない。

準備中・・・

最終更新日: 2009-11-18 (水) 16:29:19 (2835d)

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

TOP