Java/Android/基礎編/HT-03Aとiphone3GS

Top > Java > Android > 基礎編 > HT-03Aとiphone3GS

Java/Android

アクセス総数:5329

HT-03AとiPhone3GS

  • NTTドコモより2009年7月10日に発売されたHT-03Aについて
    • サイズ
      高さ約113mm
      約56mm
      奥行き約14mm
      重量約123g
      画面サイズ3.2インチ静電式タッチパネル
      連続待ち受け時間(国内):3G:約210時間
      連続待ち受け時間(国外):GMS:約140時間
      microSD4GB 
  • ※スライドキーボードは存在しません
  • メインはアンドロイド
    • ドコモの端末として販売しているものの、現在の状況はi-mode端末というよりも完全なandroid端末となってしまっている。
    • 理由としては以下の理由が挙げられる。
      ドコモのサービスがほぼ未対応
      i-mode未対応
      おサイフ携帯未対応
      着うた未対応
      FMトランスミッター未対応
      ワンセグ      未対応
      GPS       対応

上記のようにドコモで販売しているというだけで、ドコモの端末と言う感じは無い。

ドコモから発売されたHT-03Aの強みはAndroidマーケットから様々なアプリケーションをダウンロードできるの一点となっている。

  • android端末の強み
    • Googleサービスの利用が容易である。
    • 端末乗り換えが楽である。
    • 現在利用しているandroid端末から新しく出た端末への乗り換え作業は、SIMカードを入れ替えるだけで瞬時に終了する。
    • OSのアップデートがWi-Fi環境でダウンロードを行い、再起動をすることによって最新のOSとなる。(日本の端末では再起動を要するアップデートは想定していない)
    • アプリケーションの開発が容易である。
    • UIの変更が可能。
    • 水平方向3画面の待ち受けが利用できる。
    • バックグラウンド処理により、ダウンロード終了を待つ必要がない。
    • アプリケーションの配布を一元的に行うことができる上、個人で配布も可能という自由度の高さ。
    • Bluetoothに対応している。
  • OSのアップデートについて補足
    • 常々通信を行い小さなアップデートを繰り返しているので、現状はアップデートに関して心配する必要は無いとのことでした。
    • スマートフォン ケアセンターの方に聞いたところ、「現在は電話機自体の再起動等を伴うアップデートの予定がないので分からない」とのことです。
  • android端末自身の弱み
    • バッテリーの持ちが悪い。
    • 端末のフォルムが無骨である。
    • 日本にあまり浸透していない形の為、着手し辛い。
    • マルチタッチに対応していない。
  • softbankから発売されたiPhone3GSについて
    • サイズ
      高さ115.5mm
      62.1mm
      奥行き12.3mm
      重量約135g
      画面サイズ3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ
      連続待ち受け時間最大300時間
  • メインはapple
    • ソフトバンクの端末として販売しているものの、現在の状況はSoftBank?端末というよりも完全なapple端末となってしまっている。
    • 理由としては以下の理由が挙げられる。
      ソフトバンクのサービスが未対応
       S!メール  未対応 
       おサイフ携帯  未対応 
       着うたフル  未対応(※itunesとの連携で作成は可能)
       タダコンテンツ  未対応
       ワンセグ  未対応(※無料のアプリケーションをダウンロード後、別売りワンセグチューナーをセットする必要有)
       デジタルコンパス  対応 

上記のようにソフトバンクで販売しているというだけで、ソフトバンクの端末と言う感じは無い。

ソフトバンクから発売されたiPhone3GSの強みはiTunesとの連携の一点となっている。

  • iPhone端末の強み
    • iTunesとの連携により音楽、動画等の取り込みが容易である。
    • グラフィカルな画面を快適に操作することができる。
    • 3.5インチの大画面による、マルチタッチディスプレイの快適感。
    • 各機能をコントロールするボタン等は、必要な時にしか表示されない。
    • 感覚で操作しやすい。
    • 優秀なUIを実現
    • アプリ起動や表示、日本語入力のもたつきが少ない
    • 有線リモコンで音量調節が使える
    • 画面が汚れにくい
    • Bluetooth対応
  • iPhone端末の弱み
    • ソフトバンク端末用ゲームコンテンツが利用不可
    • アップルが許可したアプリケーション以外はインストール不可
    • ほぼ全てのアプリケーションが有料
    • アプリケーションの審査が厳しく、年会費も発生する
    • 電子コンパスを取り入れているが、ストリートビューの自動回転には非対応

以上、android携帯(Google phone)代表、docomoより販売されている【HT-03A】と、iPhone代表、SoftBank?より販売されている【iPhone3GS】の比較でした。

比較した結果、どちらもどちらと言った感じでしょうか。
【自由度】【カスタマイズ度】【開発度】から言うとandroid優勢
【UI】【音楽再生】【動画再生】から言うとiPhone優勢
と言うところでしょうか。

上記の大半が個人的な意見となっておりますが、ご意見等ありましたら[[コチラまで、コメントを頂けると嬉しいです。

最終更新日: 2009-09-01 (火) 22:25:33 (3005d)

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

TOP