Google App Engine/環境構築

Top > Google App Engine > 環境構築

アクセス総数:4555



開発環境構築!

 

gae10.JPG

 

eclipse plugin updateは、下記URLを指定します。

Eclipse 3.5 (Galileo)
http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.5

 
 

Eclipse 3.4 (Ganymede)
http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.4

 
 

Eclipse 3.3 (Europa)
http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.3

 
 

※URLは変更される可能性があるので、下記より確認してください。
http://code.google.com/intl/ja/eclipse/docs/download.html

 

gae11.JPG

 

Servletで掲示板を作ってみよう!

 

投稿フォームです。
ここから各値を入力してDBに登録してみます。

BBS.jpg

 

GAEでServletを書いてみよう

 

HttpServletを継承してるだけの、何も変哲のないServletです。

Servlet.jpg

 

DB(BigTable)につないで永続化してみよう・1

 

このクラスではformからのパラメータの取得。
DBへのinsertを行っています。使い終わったらPersistenceManagerをclose();しましょう。
でないと永続化されません。

Connection.jpg

 

こちらはデータストアと呼ばれるものを呼びだすためのクラス。
これを作っておけばCRUD処理が簡単にできます。

Connection1.jpg

 

DB(BigTable)につないで永続化してみよう・2

 

Connection2.jpg

 

登録されたデータを見てみよう

 

見事入力したデータがDBに登録され、DBからデータを取得することができました。
簡単でしょ?

Data.jpg

 

DB操作まとめ

 

これらのメソッドを使えば、思い通りにDB処理が行うことができます。

 

INSERT / UPDATE・DELETE

PersistenceManager manager = PersistenceUtil.getPersistenceManager();

try {
  // INSERT・UPDATAE
  manager.makePersistent(new Object());
  // 該当オブジェクトをDELETE
  manager.deletePersistent(new Object());
  // 該当オブジェクトの全レコードをDELETE
  manager.deletePersistentAll(new Object());
} finally {
  // クローズすることでコミットされる
  manager.close();
}

SELECT

// Article Entityを全件取得・1
String query = "SELECT FROM " + Article.class.getName() + "ORDER BY crearteDate DESC";
List<Article> articleList = (List<Article>)manager.newQuery(query).execute();

// Article Entityを全件取得・2
Query query1 = manager.newQuery(Article.class);
query1.getOrdering("createDate DESC");
List<Article> articleList1 = (List<Article>)manager.newQuery(query1).execute();

// Article Entityを1件取得 key検索
long id = articleList.get(0).getId();
Key key = KeyFactory.createKey(Article.class.getSipleName(), id);
Article article = manager.getObjectById(Article.class, key);

DBの中身を見てみよう!

 

http://localhost:8080/_ah/adminにアクセスしてみると、
先ほど登録した内容をブラウザから見ることができます。

 

Viewdata.jpg

 

Google App EngineとServletの連携まとめ

  • GAE環境を作るためにはEclipseからソフトウェアの更新をしてプラグインを取得すればよい。
  • GAE環境で簡単なアプリを作るだけなら特にJavaで意識することはない。
     

Google App EngineでのJavaの制約事項

  • Servletによる30秒以上を要するリクエスト処理
  • サーブレットによるレスポンス送出時の-データストリーミング
  • ファイルシステムへの書き込み
  • 外部サーバへのソケット接続
  • スレッド生成
  • ガベージコレクション実行やシステム停止
  • JNI(Java Naitive InterFace)の利用

2009年4月現在、上記の機能が使用出来なくなっています。

google app engineでの開発のご相談は、こちらまでお問い合わせください。

最終更新日: 2010-02-20 (土) 22:30:52 (2650d)

添付ファイル: fileViewdata.jpg 907件 [詳細] fileData.jpg 910件 [詳細] fileConnection2.jpg 958件 [詳細] fileConnection1.jpg 943件 [詳細] fileConnection.jpg 968件 [詳細] fileServlet.jpg 995件 [詳細] fileBBS.jpg 945件 [詳細] filegae11.JPG 923件 [詳細] filegae10.JPG 922件 [詳細]

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

TOP